スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
2012 / 10 / 02 ( Tue )
hhaaaa.jpg

カウンセリングセミナー昼の部でした。
今日はある絵本を紹介しました。

「ぼくをさがして」という本ですが、
わたしが20歳のときに東京の洋書屋さんで買ったものです。

あれから30年たってようやく、
この本の言わんとしている意味がわかってきたような気がします。

「ボク」は自分が欠けている「かけら」を探しに旅に出ます。
いろんなことがあって、いろんな「かけら」たちにであって、

最後に彼は、悟るのです。
ボクは欠けているんじゃない、ボクはボクで完全な形なんだ・・・と。

これが完全な「自己肯定感」です。
この本を買った時は、私はそれがわかりませんでした。

欠けている自分を補う何かをもとめて、
あちらこちらへ、存在感を達成するためにがんばったり努力したりしました…。

でも、この本で言おうとしている「この形のままでいい」、「ありのままでいい」
ということが、最近、わたしも本音で分かってきたような気がします。

今日のセミナーは、この本を紹介しながら、
ありのままに受け入れる、すなわち「受容」ということを考えました。

そして、「傾聴」のロールプレイの練習です。
ここぞとばかりに、皆さんいろんなお話をしていらっしゃいました。
18 : 54 : 08 | カウンセリングセミナー | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<タイトルなし | ホーム | タイトルなし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seminahausu.blog63.fc2.com/tb.php/1037-21a9e6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。