スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
武士の家計簿
2011 / 02 / 14 ( Mon )
武士の家計簿

みたいなあ?。と思っていた映画、「武士の家計簿」をようやくみました。
幕末の動乱の時代を背景にしたホームドラマですが、

壮大な歴史の中に息づくひとつの武士の家庭が
どのようにそれを過ごしていたかがよくわかりました。

一人の武士が藩の経理係をしていたわけですが、
自分の家の借金を返していく生きざまから、

加賀藩や、果ては国家の財政まで
しっかり荷なっていこうという武士魂がこもっていました。

たぶん、今の自己破産する家庭や、
破たんにむかっている、今の日本国家にむけても、メッセージされているんだろうと思います。

主人公の猪山直之は藩の不正会計にたいしても
自分の家の借金に対しても、実に正直な態度を示します。

我が子が生まれる日に、「生まれてきた子どもの目を、まっすぐに見れる親でありたい。」
というセリフを、監督は彼に言わせます。

これは、今の日本人にとって忘れている精神ではないかと思いました。
子どもたちに尊敬されるような大人が、どのくらいいるでしょうか。

そんな大人に自分も育っていきたいと思わされました。

19 : 55 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<映画を見る会でした | ホーム | 雪かき>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://seminahausu.blog63.fc2.com/tb.php/546-6cdd4a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。